IKEAキッチン収納 各部

IKEAのキッチン収納各部の紹介です。
扉材はリーディンゴー。洋書でもよく似たキッチンがいくつも掲載されている、オーソドックスな扉材のようです。デザインとオフホワイトの色が気に入っています。こちらは定番商品のようなので、万一傷やへこみができても取替えやすいかもしれないと選択しました。キッチリきれいに収まりました。以前のキッチンはモダンでシンプルだったので、なるべくモノを出さないようにしていました。このキッチンは気取らずほっとできる空間になったように思います。鍋が出ていても気にならないような。
a0311600_21501899.jpg

ウォールキャビネットは奥行が37.5cmと60cm。浅い棚には器、深い棚には土鍋やカセットコンロなどが収まる予定。
a0311600_21505074.jpg

引き出し収納部分も結構収納力ありそうです。
a0311600_21512919.jpg

ハイキャビネット下部の引き出し収納には調味料類を中心に、調理中よく使う食品を取り出しやすく。一番下にはミキサーや一升瓶が入るように測って設置してもらいました。
a0311600_21515255.jpg

ハイキャビネット上部にはワイヤーバスケットを追加して乾物などの食品ストックを中心に入れます。バスケットはあと3つ追加できそうです。
a0311600_2152838.jpg

ダブルオーブン用のキャビネットは上部の扉を57cmから70cmに変更して、上段のオーブンレンジのスペースを小さくしました。下段の電気オーブンだけIKEAで購入して、上段には単機能の電子レンジを購入します。オーブンとレンジ、それぞれに得意な仕事をしてもらったほうが使い勝手がいいという主婦歴20ウン年の結論です。
a0311600_21523386.jpg

ワークトップはストーン調ブラック。ブラックといってもチャコールグレイっぽい。
お茶の用意をしたり大皿を4枚並べて盛りつけしたり。
手元照明とコンセント、棚を取り付けてもらって、ここだけでもお茶の用意ができるようにしました。100cm幅は必要十分。モノをなるべく置かないようにしないと。
a0311600_0412256.jpg


さてさて、お次は新しいキッチン収納への入れ替え作業です。
[PR]
by ecrustyleliving | 2015-01-09 13:53 | キッチン